覚書:LPG車の不調

うちのクイックデリバリー号は、LPG車です。
このタイプは、もう古いものが多いので、ディーゼル車だと、NOxがダメとかで、買うことすらできなかったりします。
幸いうちのはLPG車なのでその点は問題無し。
年末から坂道やアイドリングで止まることが増えて、いつもの車屋さんや、メーカーであるトヨタまで電話して聞きましたが、なかなか見るのすら嫌がられます。
しかもトヨタでは、「見るだけで¥3000がかかりますが、治せるかどうかは見てみないとわからない」という回答。
例えば、医者に行って「風邪に効く薬は無いんですよ」と宣告された状況と似ています。
「風邪ですね」の診断だけでお金取られるわけです。
でも治してくれない、という...。
車を売ってくれた方に聞いても、「ガソリン車と変わらないので、どこでも見てくれますよ」という、一巡りして困って聞いたけど答えは得られず。
なら、なぜ、車屋さんに見ることすら難色を示されるのか?

で、探していて、救世主は居ました!
ガスを入れに行ったスタンドでそんな状況をこぼしたところ、車屋さんを紹介してくれました。
年末だったので、年明けから、ということで、営業開始の日にランチ後に行くことにしました。
口数の少ない車屋さんに事情を説明すると、徐ろに作業を開始。
エンジンかけて、フロントを開けて、下に潜って、マシンで何やら数値をテストして、と何度か繰り返します。
外が寒かったので、コンビニにKennyがコーヒー買いに行ったりしていると、しばらくして、
「大丈夫ですよ」との言葉が!!
聞くと、LPG車は、燃料の燃やす所がやはりガソリン車と違うので、そこの調整を定期的にやる必要があるんだとか。
タクシーなら、3ヶ月ごとにやるらしい。
燃料が上手く燃やせないから止まるわけですよ。
で、この調整をどこでもやってくれるものかと聞くと、やれる人もそんなに居ないとのこと!
思った通りでした。
ネットで探してもそんなこと情報が出てこなくて、困り果ててました。
うちもLPG車なんて初めてだからわからないことだらけ。
寒いからだろうか?なんて思ったりしてましたが、気圧の違うところや、寒冷地で使えないLPG車なんてのもあるわけないとのこと。
一件落着でした。
ちなみに相当高い修理代になるかと思いましたが、ブレーキランプも替えてもらって、トヨタで言われた金額で終了。
いやはや、ありがたい。
これなら次の調整も怖く無いです。
良い勉強になりました。

Smokin' Bluemoon

本場アメリカンスモークBBQのお店です。 スモークでさらにお肉を美味しく! スモークBBQの味わいを、キッチンカーやイベントでご提供中。 キッチンカー、ケータリングのご要望があれば、是非お問い合わせを。 月曜:ラムラ飯田橋/FORCAST飯田橋、火曜:大手町川端FG/虎ノ門、水曜:御殿山トラストシティ/虎ノ門、木曜:トレードピアお台場、金曜:プロロジスパーク東京大田/横浜BPにてランチ出店中。

0コメント

  • 1000 / 1000